多施設治験ネットワーク、地域連携治験の推進

センター内部門

多施設治験ネットワーク、地域連携治験の推進

治験の症例数確保とスピードアップのために、現在、当センターが中心となって、多施設治験ネットワークの立ち上げや地域連携治験の推進など、新たな試みを進めています。

多施設治験ネットワーク

新潟大学医歯学総合病院を中心に、県内主要都市の中核病院が連携して多施設試験ネットワークを構築しています。疾患の症例数を短期間で確保することが1施設では困難な場合、症例数を探し出し、統一された手続きやプロセスのもと、治験を行います。症例数確保が困難な治験でも、迅速な試験結果のご提供が可能です。

他施設治験ネットワーク
多施設治験ネットワークのメリット
  • 1施設では短期間で確保が困難な疾患の症例数を増加させる
  • ネットワーク内で治験審査委員会代行、有害事象の対応、CRC研修の契約を結ぶことで、より多くの施設と連携し、質の高い治験が見込める
  • 手続き、制度を一本化して治験の迅速化を図る
  • 治験に要する経費の節減を図る
地域連携治験

新潟大学医歯学総合病院の診療科と市内の医院・病院などが製薬メーカーから依頼された治験を共同で行います。治験審査委員会の業務や医院が対応できないような副作用が発生したときの対応を本院が代行します。

  • 主としてcommon diseaseの治験を実施する際に威力を発揮します。
    新潟大学医歯学総合病院の診療科と市内の病院などが治験を共同で行います。
  • 治験審査委員会代行と24時間の診療をサポートします。
地域連携治験