当センター職員が『臨床研究データマネジャー養成カリキュラム・シラバス』の作成に協力しました

お知らせ

当センター職員が『臨床研究データマネジャー養成カリキュラム・シラバス』の作成に協力しました

 日本医療研究開発機構 医薬品等規制調和・評価研究事業 「効率的な治験の実施に資するGCPの運用等に関する研究」班(研究代表者 渡邉 裕司 先生)は,このたび国内誌「臨床薬理」にて『臨床研究データマネジャー養成カリキュラム・シラバス』を公表しました。
(臨床薬理 51 巻 1 号 p.19-46 (2020)、DOI:https://doi.org/10.3999/jscpt.51.19)
その中で,当センター臨床研究品質管理部門の佐藤と白井がシラバスの作成・執筆メンバーとして掲載されておりますので紹介いたします。

これからも当センターでは,豊富な知識と経験を活かし,わが国における臨床研究・治験の活性化に貢献していきたいと考えています。


「研究論文・発表一覧」はこちら


«
»