患者さんへ

患者さんへ For Patient

臨床研究と治験について

医学は常に進歩して、新しい治療法や薬が開発されますが、それがどのような病状の患者さんにどの程度役立つか、また、安全性に問題はないかなどを患者さんにご協力いただきながら確かめることを「臨床研究」と言います。臨床研究は「観察研究」と「臨床試験(介入研究)」に大きく分かれます。臨床試験の中でも新薬や新しい医療機器の製造承認を得るために行う試験のことを「治験」といいます。
医学はここ100年の間に急速に進歩して、人類の受ける恩恵は計り知れないものがあります。そうした恩恵はこれまでに臨床研究に参加していただいた多くの患者さんのご協力によりもたらされたものです。