NEWS

当センターが支援する医師主導治験がAMEDに採択されました

 当センターが支援する以下の研究課題が、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の令和3年度 「再生医療実用化研究事業(1次公募)」に採択されました。

多能性幹細胞(iPS/ES細胞)、体性幹細胞等を用いて、企業の協力を得ながらプロトコールを組む医師主導治験
 
  • 消化器内科学 寺井崇二教授
「ADR-001を用いたChild-Pugh Aの肝硬変患者を対象とした医師主導治験」
 
  • 高度医療開発センター 永田昌毅特任教授
「培養自家骨膜細胞移植による広範囲顎骨再建の第I相医師主導治験」


AMED採択情報