センターについて

臨床研究推進センター部長 挨拶

センター部長

新潟大学医歯学総合病院臨床研究推進センターは,治験の管理・支援組織である生命科学医療センターちけんセンター部門と臨床研究のプロトコール作成支援,データマネージメント,モニタリング等を支援する組織であるプロトコールデータセンターを発展的に統合・再編する形で,2017年4月に発足いたしました。
当センターには,新たに臨床研究開発戦略部門を設置し,1)学内外の実用化可能なシーズの掘り起こし,2)薬事承認に繋がる新薬や体外診断薬の開発のための医師主導治験の準備支援,3)医療機器の開発に向けた県内の医療機器メーカー,当院スタッフ及び学内外の研究者が参加する医工連携の要としての役割,4)臨床研究を着実且つ力強く進めていくための日本医療研究開発機構を始めとする公的研究費や産学連携による民間企業からの外部資金の積極的な獲得支援,を推進します。
当センターの発足により,今後は,新潟大学医歯学総合病院において,基礎研究から治験・臨床研究へ一貫した開発支援を行うことが可能となります。更には将来的に,当センターが国内のみならずグローバル多施設共同研究のハブとして機能することで,新潟大学から世界に向けた医療イノベーションを創出し,広く社会への高度・先進的な医療の提供に貢献するとともに,臨床研究に携わる専門家を育成・輩出することを目指します。
今後の皆様方のご支援とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

臨床研究推進センター部長
  中田  光